指輪製作の際に気をつけたいことは「時間」!

オーダーメードには2種類があります。

結婚したら毎日身に着けることになる結婚指輪。せっかくだから世界に1つだけの、オリジナルの指輪を作りたいと考え、オーダーメードで指輪の製作を依頼する人も多いようです。

指輪のオーダーメードには、セミオーダーとフルオーダーの2種類があります。セミオーダーは、既存の複数のサンプルの中から好みの指輪を選び、デザインや素材などにアレンジを加え、自分たち好みの指輪に仕上げるというもの。一方、フルオーダーは、自分たちの要望をデザイナーに伝え、デザインを起こすことから始めて、一から結婚指輪を作り上げるというものです。いずれの場合も、既成品の指輪を選ぶ場合と比べて、納品までに時間がかかるのが一般的です(ただし、既成品の指輪を選ぶ場合でも、結婚指輪は裏に刻印を入れることがほとんどなので、2~3週間程度はかかるようです)。

オーダーメードの指輪製作にかかる時間はどのくらい?

セミオーダーの場合、一からデザインを考える必要がなく、簡単にオリジナルの指輪を作ることができますが、デザインや素材にアレンジを加えることになるため、納品までに1ヵ月程度かかることが多いようです。デザインや素材などによっては、2~3ヵ月かかることも。一方、フルオーダーの場合は、一から指輪製作を始めることになるので、さらに時間がかかり、納品までに3~4ヶ月程度を要することが多いようです。デザインや素材などによっては、半年以上かかることもあるようです。

いずれにせよ、実際にオーダーメードで依頼するとなると、納品までに思いのほか時間がかかることがあります。結婚式当日までに結婚指輪が用意できないなんてことがあっては大変ですから、どのくらいの時間がかかるのか事前にしっかり確認し、余裕を持って指輪づくりに取りかかりたいものです。

ダイヤの指輪はダイヤモンドの品質や重さ、色をはじめ、ブランドの人気度によっても価値が変わってきます。